【コラボ戦争】第1章『宣戦布告』~開戦経緯と反応~

【コラボ戦争】第1章『宣戦布告』~開戦経緯と反応~

Colabo陣営の宣戦布告(提訴会見)までの概要と直後の動きをまとめています。

交戦戦力・・・・・・・・全登場人物を網羅
第1章『宣戦布告』・・・開戦までの経緯と反応
第2章『硝煙弾雨』・・・至る所で行われた局地戦を集約
第3章『戦線拡大』・・・「ナニカ」との戦いに拡大
第4章『一騎当千』・・・単騎で巨大な敵と戦う
第5章『逆転勝利』・・・住民監査請求の戦い
第6章『青天霹靂』・・・生活保護ビジネスの戦い
第7章『人口膾炙』・・・広く周知された事による戦い
総集編Ⅰ・・・・・・・・1章~7章までの概要が分かるまとめ
第8章『多事争論』・・・国会始め沢山の人々が論争
※章分けは時系列ではありません。8章以降に起きた事でも1~7章に記載している事があります

目次

登場人物

■仁藤夢乃(→Wiki一般社団法人Colabo

  • 社会活動家。一般社団法人Colabo、女子高生サポートセンターColabo代表。フェミニスト。
  • 少女の自立支援を行うColaboは東京都の事業に採択され税金投入されている
  • 従軍慰安婦問題や辺野古座り込み運動にも熱心
  • 温泉むすめ」を少女の性搾取だと批判し炎上させる
  • 故安倍晋三元首相の暗殺や国葬で故安倍氏をディスりまくって有名に

↓滝川ガレソさんが作った仁藤夢乃氏の紹介画像。デマの拡散(?)にならない箇所だけ載せます

「温泉むすめ」がアウトなら、絶対に仁藤夢乃氏に「ストライクウィッチーズ」を見せてはダメだ!!っていうか、妹がアイドルやってたけど性搾取に加担って批判しないんですね・・・って思ったら噂では色々流れてました・・・

■暇空茜(→自己紹介Note暇な空白チャンネル

自己紹介Noteによると、IQ理論上最高値を叩き出した神童→ネトゲを邪魔する親を刺すレベルのネトゲ廃人→進学校を中退→伝説のネットゲーマー→ゲームクリエイター→ゲーム会社創業メンバー→裏切られ無一文→裁判で6億円ゲット

ゲームを止めさせようとする父親に包丁を向けたら、「刺せるものなら刺してみろ!」と言うので父親を刺して、泣き崩れた父親を見て「刺せって言うから刺したのにどして泣いてるの?」って思って、その後警官がやって来たから「何かあったのですか?」って聞いて警官が驚いてるくだり、サイコパス係数高すぎてドミネーターが『デストロイ・デコンポーザー』モードになっちゃいますね・・・

概要

クリエイターの作品を貶めるフェミニストを不快に思っていた暇空茜氏が、ターゲットのフェミニスト仁藤夢乃氏について調べた所、Colaboの活動について「不正会計」「公金不正受給」「貧困ビジネス」等の疑惑に気づいたためSNSで批判(仁藤夢乃氏はデマと主張)及び住民監査請求を起こし、仁藤夢乃氏は暇空茜氏を誹謗中傷で提訴しました。

尚、仁藤夢乃氏側は暇空茜氏が攻撃を始めた発端が仁藤夢乃氏が「温泉むすめ」を炎上させたからなので、暇空茜氏の攻撃はただの嫌がらせ(→性搾取・性差別と闘う女性への攻撃)という理論展開ですが、暇空茜氏はクリエイターという職業に誇りを持っており、フェミニストが萌コンテンツを攻撃する事でクリエイターが苦労して作った作品を貶める事が許せないだけです。

※暇空茜氏がフェミニストが作品を燃やす行為に「組織的にやってる?おかしいぞ」と最初に感じたのは『宇崎ちゃんは遊びたい!』献血ポスター問題からだそうです。そして『温泉むすめ』の燃やされ方を見て「フェミニスト(≒左翼)は組織的に作品を燃やそうとしている。この動きを止めなければならない」と確信したそうです。

フェミニストの放火腹立たしいですね。でも、ツイッターで反論して論破したところで、次の放火先を探すだけです。

ではどうすれば良いのか?結局、民事訴訟または刑事告訴で、放火の責任を取らせるしか無いと思います。

~~中略~~

次の条件で、民事訴訟のスポンサーになります。先着1名(1企業)まで。

・相手方が、シュナムル、仁藤夢乃、石川優美、勝部元気のいずれかであること。

~~中略~~

ツイッターでDMでご相談ください。今回温泉むすめの被害にあった旅館の方とか、バッチリ条件にあうと思います。

自称フェミニストから被害をうけた店・人・企業の方、訴訟スポンサーになります

裁判で和解なく戦う事を目的にカンパを募った事から分かるように、もう手を引く気はなくなったのか、現在このツイートは削除されています

■つまり当初のお互いの主張はこういう事■

Colabo側:温泉むすめを批判したのを逆恨みして、少女を助ける素晴らしい活動をしている仁藤夢乃に対する誹謗中傷(会計は全て正しく税金の不正受給もなく貧困ビジネスなどとんでもないデマ)をするのは許さない

暇空茜側:仁藤夢乃氏の活動を否定する気はなく勝手にやればいいけど、会計は100%間違っているので「ごめんなさい」して余計に取った分の税金を返せばいいだけ。ただ、作品を燃やしたら(漫画の連載を止めさせようとする、イラストレーターの仕事を奪う等)俺は行くよ(攻めるよ)

※最初は上記だったけど、暇空茜氏が都の資料を精査してより大きな闇に気づいて弁護団を結成してからは話が変わって、次のステージに移行しています(第3章『戦線拡大』参照)

タイムライン

2021-11-15

仁藤夢乃氏、「温泉むすめ」を性搾取と批判し炎上させる


※上記のツイートを始めに凄く長いツリーで延々少女の性搾取について持論を展開しています。読みたい人は上記をクリックしてツイッターへ飛んでください

2021-11-15
2022-08-01

暇空茜氏、仁藤夢乃氏の批判を開始

暇空茜氏は2022年8月頃より仁藤夢乃氏に対する批判をNote、YouTubeで開始
※攻撃していたシュナムルさん(ツイフェミ)が動かなくなり暇になったので(温泉むすめ炎上事件で目を付けていた次のターゲット)仁藤夢乃氏を調べ始めたとの事
※以下はColabo弁護団の公表資料(従ってデマの拡散には当らない)による暇空茜氏が2022年11月までに断続的に行った批判(弁護団はデマと主張)

・Colaboの回答が読みたい人はコチラ(公式回答資料)を参照して下さい
・上記以外にも暇空茜氏は多数の疑問を出しており、未回答もあります

2022-08-01
2022-11-02

暇空茜氏、住民監査請求(二回目)

Colaboは東京都の事業に採択され税金が投入されているため、暇空茜氏は東京都に住民監査請求を実施(※一回目の却下を受けて調査を添えて二回目)
※11月29日に行われた住民監査請求陳述会については暇空茜氏のレポート参照

2022-11-02

暇空茜氏、中川卓弁護士に懲戒請求

※いつしたのか不明。時系列はもっと前かも
暇空茜氏はColabo弁護団中川卓弁護士にツイッターで粘着嫌がらせ行為を受けており、懲戒請求(非行をした弁護士を日弁連に訴えて懲戒させる制度)を実施
※懲戒請求をすると訴えた人(暇空茜氏)の住所・氏名が訴えられた弁護士(中川卓氏)に通知される

2022-12-02

暇空茜氏、中川卓弁護士に公開質問状&2度目の懲戒請求

提訴には暇空茜氏の住所・氏名が必要だが、Colabo弁護団がどうやってそれを得たのか公開質問状を提出(出した日付は前の可能性あり)
※1度目の中川卓弁護士に対する懲戒請求をした際に中川卓弁護士が取得した暇空茜氏の住所・氏名を流用した場合、個人情報保護違反になるため、暇空茜氏は二度目の中川卓の懲戒請求を提出

2022-12-02
2022-12-07

暇空茜氏、弁護団を募集

開示請求で得た資料を精査した所、Colaboのみならず東京都若年被害女性等支援事業を受託する他の3団体の方がヤバイ事に気づき、自分一人の手に負えない&身の危険を感じて弁護団の結成とカンパを決意

2022-12-07

ブーメランツッコミ

デマは許さないと暇空茜氏を提訴した仁藤夢乃氏は過去デマを流して他の団体に誹謗中傷をしていました(※大空氏の主張)。

辺野古基地反対座り込み批判をしたひろゆき氏側の立場でAbemaTVで発言した大空幸星氏を仁藤夢乃氏(辺野古基地反対座り込み推進派)は嫌っていたためこのようなデマ(※大空氏の主張)を流したと思われます。

デマで被害にあった大空幸星氏は速攻ツッコミを入れました。

これを受けてひろゆき氏も短く的確なツッコミを入れました。

大分後になってからの話ですが、フェミニストでありながら仁藤夢乃氏と対立している室井佑月氏も仁藤夢乃氏にデマを流されて困っているようです。

Colabo弁護団が痛いとネットで話題

弁護士が痛いと話題になった暇空茜氏提訴記者会見動画

後に暇空茜氏が語った所によると「どうやってネットで話題になるか作戦を考えていたら、相手が勝手に火をつけてくれた。ラッキーって思った。弁護士アホ過ぎ」という伝説の会見です。敵に塩を送るとは正にこの事

Colaboの受けたタコ部屋貧困ビジネスデマ(弁護団主張)についての説明はありましたが、不正会計疑惑について回答をほとんどせず「素晴らしいColaboの活動へのデマ・誹謗中傷は絶対許さん!」という態度がおかしかったです。
※デマが膨大なので代表的なのだけ説明したとの事
※タコ部屋貧困ビジネスについては『第6章 青天霹靂 ~生活保護ビジネスの戦い~』参照
尚、不正会計については同時期に公表されたColaboの財務諸表や反論から暇空茜氏が再反論をYouTubeチャンネルで公表しており、一番下に掲載しています。

暇空茜氏の発言が全てデマであるかどうかは分からないのに、デマと決めつけて「いいね」や「リツイート」も訴訟すると弁護士が脅迫

Colabo弁護団は記者との質疑応答で「デマの拡散・誹謗中傷は訴訟をする」と受け取れる発言をしました。

Colabo弁護団太田啓子弁護士、暇空茜氏を「被告は現実と妄想の区別がついていない」と誹謗中傷するColabo寄りのYouTube動画(中身が相当ヤバかったのか動画削除済み)をリツート

あれ・・・誹謗中傷をリツイートした人も同罪・・・あれ・・・?

自分達のリーガルハラスメントは棚に上げて他人にはリーガルハラスメントという弁護士・・・

弁護団は暇空茜氏が住民監査請求や懲戒請求をする事をリーガルハラスメントと批判していますが、弁護団も訴訟をチラつかせて言論弾圧をしており、ブーメランではないかという指摘が多かったです。

「リーガルハラスメント」発言で時の人となった神原元弁護士がツイッターアカウント停止→復帰→ツイ消し

「SNSでのデマ・誹謗中傷は許さない!」という裁判を行っている弁護士がデマ・誹謗中傷を流してるようなツイートがありますけど・・・これは一体・・・特にほぼ冤罪の草津町長に対して「ファシズム」発言はデマ+最大級の誹謗中傷のような・・・これこそ懲戒請求で弁護士資格はく奪(除名)される案件のような・・・

訴訟と関係ない「AVは性的虐待を娯楽」発言

AV女優から職業差別だと猛バッシング。

後日、職業差別撤廃を訴える一般社団法人sienteから正式にColaboに謝罪を求める通知が行われました。

その後、AV人権倫理機構は角田由紀子弁護士に抗議声明を出しました。

氏名・住所を知らないはずの弁護団がどうやって提訴出来たのか

経緯

①弁護団は暇空茜氏に開示請求をしておらず氏名・住所を知らない
②暇空茜氏は中川卓弁護士に懲戒請求し中川卓弁護士は暇空茜氏の氏名・住所を知っている
※個人情報保護法や弁護士法によりこの氏名・住所を他人にバラしてはいけない
③氏名・住所を知らないと提訴出来ないのに弁護団はなぜか暇空茜氏を提訴出来た

質疑応答で記者がどうやって個人情報を得たのか質問した所、弁護団は「合法的な手段で氏名・住所を取得した。弁護士には色々なやり方がある」と堂々と宣言し、暗に中川卓弁護士の個人情報保護法違反を否定しました。

暇空茜氏に訴状が届き答え合わせが行われました

不正会計疑惑への反論部分についてネットのツッコミ

↓上記のツイートの根拠となる詳細

不正疑惑のColabo代表仁藤夢乃さんの2018年の貸借対照表は2022年11月16日に矢崎芽生氏が作ったものでしょうか?

犬用のアロマミストが買った商品と類推された根拠
・一回目13200円、二回目26400円である事から1320円の商品が購入されたと考えられる
・「たかくらとくらす」で該当するのが犬用のアロマミストのみ
・仁藤夢乃氏は過去ツイートから犬を飼っている事が判明している

会見を受けた暇空茜氏の対応

記者会見で一番最初に質問した記者がこの時既に設立されていた「Colaboと仁藤夢乃さんを支える会」のメンバーだったという八百長。

DMで取材してきた記者もフォローから左翼傾向が強いので、切り抜きで捏造記事を書かれないために必要最低限の簡素な対応。

会見を受けて暇空茜氏の反論→住民監査請求の内容

会見を受けて暇空茜氏によるColabo弁護団への反論という形で出されていた①~⑤の動画、実はこれは会見前に出していた住民監査請求の内容であったことが2022年12月11日に暴露されました。

どういう住民監査請求が行われているか載せる事はデマの拡散にはならないため動画を貼ります。
また不正会計ではないと反論しているColabo側の主張も拡散し両論併記としていますので読者は会計問題についてご自分で考えて判断して下さい。

※Colaboの会計を読むときの注意点のまとめ

上記動画の車両関係費についてColabo弁護団は12月3日に反論(補足説明2)を出しています。

・車両関係費の都への報告金額と四半期ごとの集計金額が合わないのは、都への報告金額は仕分等が完了していない暫定状態で実務上出さざるを得ない事により発生しているだけ
・タイヤは確かに購入していない。「タイヤ交換・保管費用」と書くところを「タイヤ購入・交換費用」と書き間違えただけ

口頭で言われたとか慣例でそうなってるって事なんですかね?「公文書の件名」にこういう曖昧な書き方していいのか気になりました。

※上記動画の怪しい研修費等についてはColabo弁護団の反論は今の所ありません

他の回答した疑惑にはツイッターも使って雄弁に反論してるのに、なぜか研修先等は反論を出しません。身内でお金を回すのは都は問題と認識していないかもしれませんが、一般的には大問題なのでこれについては「都が問題ないと言っているから一般に公開する必要はない」という訳には行きません

上記動画に対してColabo弁護団は12月7日に反論(補足説明3)を出しています。

・暇空茜氏は委託経費と補助金を混同しており、Colaboは委託経費である費用用途が違っても都の承認は必要ない
・通年-1~3四半期をすると4半期の費用にマイナスの項目が出てくるのは、年度途中の報告であり暫定的な性質であるため

上記動画の弁護士費用に対してColabo弁護団は12月9日に反論(補足説明4)を出しています。

結局ここでも都に報告した事業費の内、委託金分とColabo自費分の区別が資料上出来ない事が原因となっています。

※上記動画の税理士、会計士を委託料(税金)で賄うのはおかしい、車両関連費・法定福利費・会議費等が事業実績より都に申請した金額が大きい(=過大請求)等の疑問に関する回答はColaboより出ていません。

Colabo陣営は回答している疑問をツイートしてる人には「回答してる!ちゃんと資料読め!デマ広めるな!記録してる」と雄弁にリツートで応えて世間に「Colaboは回答してて正しいのに未だにデマを広めている輩がいる」とアピールしているけど、回答していない疑問については完全スルーでなかった事にしてるのが気になります

暇空茜氏は2022年12月11日に反論⑤「総反論」を出した後、実は反論①~⑤は会見を受けての弁護士への反論ではなく、都への住民監査請求に出した情報である事を暴露しました。

今まで相手にもされなかったのに、この資料を出した所「監査をしましょう」と言われたそうです。
これを以って都の仕事となっており、監査請求のための情報を公開した事でColaboとの戦いは終わり、より大きな闇との戦いに移行する旨が宣言されました。

詳細は第3章『戦線拡大』参照。

新たな疑惑

FF11にて世界最速で闇の王を倒した暇空茜氏、日本の闇との戦いに突入か?!

Colaboを調査するために東京都から開示された東京都若年被害女性等支援事業の資料を精査していた暇空茜氏はある事に気づいた模様です。

※この事業費は約2億円との事

触れてはいけない闇に気づいてしまい死の危険を感じる暇空茜氏。

しかし、他の3団体に比べてコロナ禍でもアウトリーチ(外に出ての声掛け活動)が減らなかったColaboは凄いですね・・・真面目ですね・・・外出自粛・・・あれ・・・?

BONDプロジェクト

BONDプロジェクト

ぱっぷす

PAPS

ぱっぷすの事務所が廃屋というので「嘘だろ」と思ってストリートビューで見てみたら・・・

ぱっぷすへのツッコミ

若草プロジェクト

若草プロジェクト

代表理事 大谷恭子・・・元日本赤軍の重信房子氏の裁判の弁護人

※元厚生労働省の村木厚子(代表呼びかけ人)・太郎(理事)夫婦が深く関わっています(後の章で記載しますが、暇空茜氏はColaboは一番雑魚で若草が倒すべきボスであると判断しターゲットを変更しています)

21年度の事業報告書より、アウトリーチ活動12人(回?)とあります。

ちょっと掘っただけで色々出て来るのなんなんでしょうね・・・税金の使途不明に厳しい追及に定評がある共産党に期待するしかないですね。まさか仲間だからって追及しないなんて事はないですよね

闇の王を倒すギルドメンバーと資金を募集

今までソロプレイで戦っていた伝説のネットゲーマーが闇の深さに気づき、ついにギルドを結成!

※後の懐述で当初は弁護士事務所に「住民監査請求の件で」と問い合わせただけで門前払いで弁護士を探すのに苦労したと明かされました。尚、オンブズマンは左翼なので最初から「利益造反でColaboは調査出来ません」と完全拒否だったそうです。

1日で2246万円・・・ま、まぁ「Colaboと仁藤夢乃さんを支える会」は83名と9団体いるから、余裕で戦えますよ・・・

もはや戦いは リーガルハラスメント VS リーガルハラスメント に突入

尚、負けじとColabo側も寄付を募るも、大口の寄付をした有名なZ李さんをブロックする中川卓弁護士・・・ホームレスに激安で美味しそうで豪華な炊き出しをしているZ李さんに「安くても美味しい食事支援は出来る」ってColaboの安そうな上に高価(Z李さんの勘違いの可能性あり)な食事(あるいは食事ではなくインスタント食品やお菓子を配ってるだけ)を引き合いにだされてツイートされたのを逆恨みしているのかな・・・

政治的な展開

東京都関連

■東京都都議会は暇空茜氏の陳情を却下

■東京都議の動き

■東京都庁の問題

・東京都では事業者(Colabo等)がこの事業に使うお金(税金)で大項目が同じなら、別の用途に流用しても良いとなっている

・専門的かつかなり詳細な考察(Colaboの完全アウトな書類を通した東京都の問題にも言及)

・Colaboと東京都の癒着についての考察

暇空茜氏も掛け算すら間違いまくっている稚拙なColaboの提出書類を都庁の担当者と部長二名の承認を得ている事を「この都庁の二名も九九が出来ないレベル」と動画で皮肉っています。

・開示の資料が黒塗り&遅い

開示資料ののり弁(黒塗り)をやめる公約を実現している東京都に暇空茜氏が開示請求したDV支援交付金の資料の99%が非開示。しかも別の開示請求ですが、二度の延期があったりと時間が掛かり過ぎ。

↓結果・・・黒塗りと非開示は別って事かな・・・

↓さらに結果・・・黒塗りも凄かった・・・というかほぼ黒塗り・・・公約実現済みとは一体・・・

謎の人物が開示に反対し二度も延長されていたのですが、なんと開示に反対したのは仁藤夢乃氏本人でした!!ヤバイ事が無ければ反対しなければいいのに・・・また、当事者である仁藤夢乃氏の開示反対で延長した東京都はおかしいでしょう・・・

国会議員

日本維新の会 政調会長・音喜多駿参議院議員が動いています。

※補足すると「補助金」ではなく「委託契約の対価(委託経費)」で、この違いはかなり大きいです

また、この音喜多議員は7年前にシェルターを作っていた仁藤夢乃氏と会ってその活動に賛同しています。

■2022年12月6日、NHK党の参議院議員浜田聡氏、参議院総務委員会質疑

参議院議員浜田聡がColaboについて質疑「東京都のチェックがかなりずさん・適切とは思えない処理など指摘」

※東京都のみならず国からもお金が出ている事業で東京都の監査と制度の不備(大項目間の支出の流用を東京都が認める点)を指摘

■2022年12月6日、立憲民主党岡本あき子議員、衆議院総務委員会質疑

Colaboへの誹謗中傷について衆議院総務委員会で質疑:立憲民主党岡本あき子議員「デマの拡散17万視聴」

※明らかにColaboが受けている誹謗中傷をなんとかしろ!と総務大臣と警視庁に言っているが団体名を出していないので総務大臣と警視庁は「???」状態で一般論で回答している意味のない質疑応答

上記は初期に動いた政治家のみ記載。その後多数の政治家が関わる事になりますが後の章に記載していきます。

参考資料・後日調査備忘録

尹美香“銭ゲバ”疑惑が続出しても、韓国が「反日慰安婦カード」を絶対に手放せないワケ

尹美香・・・従軍慰安婦問題を利用して私腹を肥やしていた。Colaboと関係あったがそのページは削除されておりどういう関係だったか不明

韓国検察、尹美香議員に懲役5年求刑…「元慰安婦のためのお金、小遣いのように流用」

韓国メディア、「Colaboを慰安婦支援団体「正義連(挺対協)」の「連帯団体」と紹介 「Colabo)会員たちがソウルの慰安婦デモに参加」と報道 なおcolaboの活動内容には一切そのことには触れず =ネットの反応「シェアハウスの手本は『ナヌムの家』だったのかな?」

韓国の元慰安婦支援団体・正義連が公開している「2022年8月のスポンサー名簿」の一時支援とドイツ平和の少女像の後援にColaboの名前
[チョン・イヨン] 2022年8月ご支援いただきありがとうございます。

仁藤夢乃氏に中学時代に壮絶な苛めに遭っていた人の仁藤夢乃氏宛ての告発です。仁藤夢乃氏は否定していないためデマか分からないので一応載せておきます。
※尚、部外者の伊藤和子弁護士は勝手にデマと決めつけてセカンドイジメしていました。人権派弁護士って人権侵害する弁護士の事なんだろうか・・・
いじめ加害者だと訴えられている仁藤夢乃氏は、ひきこもり・鬱にさせられて苦しんでいる白猫氏にあやまれよ

※共産党の機関紙「赤旗」

衆議院選挙で共産党候補に応援演説(個人の活動なのでセーフ?)

共産党の選挙動画に出演(個人の活動なのでセーフ?)

事件カテゴリの最新記事